Information

Informationお知らせ

京都 南座

みなさん こんにちは

 

京都は紅葉が散り始め、毎日すごく寒くなってきていますね

季節の変わり目は風邪が引きやすいので手洗いうがいを忘れずにお願いします

本日は南座をご紹介いたします。

南座は京都府京都市東山区にある劇場です。

近代建築に桃山風の意匠を取り込んだ地上4階地下1階の建物は国の登録有形文化財に指定されています。

 

歌舞伎では顔見世と言い、年に一回役者交代の後に新規の顔ぶれで行う最初の興行のことです。

江戸時代、劇場の役者の雇用契約は1年であり、11月から翌年10月までが1期間でした。したがって役者の顔ぶれは11月に変わり、その一座を観客にみせ、発表するのが顔見世です。

京都南座の12月顔見世公演は、最も歴史が古いことで有名で、劇場正面には役者の名前が勘亭流で書かれた

「まねき」と呼ばれる木の看板が掲げられ、京都の年末の風物詩となっています。

ホテルから南座へのアクセスは

京阪清水五条から京阪祇園四条までの一駅でつきます。

京都にご用の際は是非お立ち寄りください.

お知らせ一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へスクロールする